女性40代生え際後退

MENU

女性が40代から生え際が後退してしまう理由

 

zyoseihaegiwa 

 

薄毛や抜け毛というと、悩んでいるのは男性だけかと思われがちですが、実は女性でもそれらの悩みをお持ちの方は少なくないようで、最近はまだまだ若い10代、20代の方も増えてきているんだとか。髪型を含め、髪の毛って第一印象も大きく左右しますし、可能な限りいつまでも美しい髪の毛を保っていたいですよね。

 

髪の毛の悩みも様々ですが、今回は特に40代の女性に多い生え際からの後退に焦点をあてて見ていきたいと思います。

男性型脱毛症との違いって?女性の薄毛・抜け毛が起こる原因は?

男性の薄毛・抜け毛の原因は主に男性ホルモンが大きく関係する男性型脱毛症(AGA)で、生え際のM字型後退や頭頂部の脱毛、頭頂部から前頭部にかけての薄毛がよく見られます。それに対して女性の薄毛・抜け毛は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれて区別されますが、その主な原因もやはり加齢や女性ホルモンの低下であると言われています。FAGAはAGAで見られるようなM字型後退などはあまりなく、髪の毛のハリ・コシがなくなり、ボリュームがなくなって薄く見えることが多いようです。

 

FAGAとは別に、いくつか注意しなければならない薄毛・抜け毛もあります。一つ目は女性ホルモンの変化によるものです。出産経験がおありの女性なら多くの方が産後の抜け毛に悩まされたことがあるのではないかと思いますが、これもホルモンの変化によって起こるものです。二つ目は甲状腺ホルモンの低下によるものです。40歳以上になると甲状腺機能の低下が見られることが多くなりますが、これによって薄毛や抜け毛が引き起こされることがあります。
これ以外にも、ストレスや過度のダイエット、適切でない頭皮ケアなどが原因となって薄毛や抜け毛が起こることもあります。

女性なのに生え際が後退してしまうのはなぜ?

先ほど、“FAGAはAGAで見られるようなM字型後退などはあまりなく”と書きました。それでは、女性なのにM字型の後退や生え際が薄くなってしまうのには、どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

一番の原因は、AGAを引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)が異常に多くなって起こるものです。ジヒドロテストステロン(DHT)とは男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することでできる物質です。「女性なのに男性ホルモン?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、女性も男性の約1/20の男性ホルモンを有していますが、普段はエストロゲンという女性ホルモンによってその働きは抑えられています。40歳頃になるとエストロゲンの分泌が減り、だんだんと男性ホルモンを抑えきれなくなって頭皮や髪の毛にも影響が出てしまうというわけです。

 

女性ホルモンの分泌の減少には加齢も関係しますが、特に現代の女性は男性並みにバリバリ働いている方も多く、男性化しつつある方も見受けられます。頑張って働く分ストレスも多くなるでしょうし、生活も不規則になりがちになってホルモンバランスが崩れてしまうのも大きく影響していると言えます。

どんな対策が必要?

これらの薄毛・抜け毛を改善するには、やはり規則正しい生活を送ること、栄養バランスのとれた食事を摂ること、頭皮や髪の毛に負担のかかることはできるだけ避けることが大切です。

 

ほとんどの女性は一度や二度は「ダイエットをしようかな」と考えたことがあるのではないかと思いますが、食事制限などで摂取する栄養が減ってしまうと髪の毛に行き渡る栄養素も当然ながら減ってしまいますので、ダイエットをするなら運動などを取り入れた健康的なダイエットにしましょうね。

 

豆腐や納豆などの大豆製品などには女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれていますから、積極的に摂取するようにしましょう。ただし、1日の摂取量70mgを超えないようにしましょう。そして、美しさを追求するがゆえに頭皮や髪の毛に負担のかかる髪形・パーマ・カラーなどもしてしまいがちですが、「頭皮(髪の毛)の調子が悪くなってる?」と感じたら、少し休ませてあげるようにしましょう。

 

髪のボリュームがあってハリ・コシもしっかりしていると、それだけでも若々しく見えますよね。いつまでもきれいでいるために、頭皮・髪の毛のケアもしっかりしてあげましょう!