髪の毛をサラサラにするには

MENU

髪の毛をサラサラにするにはどうすればいい?

美容院でプロに洗ってもらった後だとサラサラな仕上がりであることが多くうれしくなりますが、自分でそれを再現しようとするとなかなか難しいですよね。

 

季節や体質などによってはサラサラとは程遠いパサパサな髪になってしまったり、逆にベタベタしていたり……。一体どうすればサラサラな髪の毛を手に入れられるのでしょうか?その方法を解説していきます。

サラサラヘアを目指すなら、基本はやっぱり生活習慣とシャンプー

サラサラの髪の毛の基本となるのは、やはり食事を中心とした生活習慣、そして毎日のシャンプーです。高温多湿の環境にいる日本人の多くは、ほとんど毎日シャンプーを欠かさないのではないかと思います。

 

毎日することだからこそ、きちんとした方法を習得しておきたいですよね。そして、どんなにヘアケアをしていても、栄養バランスのとれた食事や、その他の生活習慣が乱れていたら、せっかくの入念なケアも台無しになってしまいます。

サラサラヘアを手に入れるために生活の中で注意したいこと3つ

 

髪の毛をサラサラにするにはどうすればいい? 

 

生活習慣の中でも特に気をつけたいのは、以下の3つです。

 

 

栄養バランスの良い食事を摂る(特に亜鉛、タンパク質)

 

ご存じの方も多いかと思いますが、髪の毛の主成分であるケラチンはタンパク質から成り立っています。ですから、タンパク質が不足してしまうと、まず髪の毛が十分に育てません。肉や魚などに豊富に含まれているタンパク質ですが、「ダイエット中だから」とこれらの食材を避けているということはありませんか?美しい髪の毛に限らず、体を作り出す大切な成分ですから、サラサラヘアを目指すなら、タンパク質は欠かさないようにしましょう(もちろんバランス良く、適量で)。

 

 

髪が日焼けしないように保護する

 

「日差しが強い日でも帽子などはかぶらずにそのまま」という方、少なくないのではないでしょうか?しかし、肌が日焼けするのと同じように、髪の毛も日焼けします。髪の毛の日焼けは、脱色や乾燥、傷みにつながりますので、帽子をかぶって髪の毛も守るようにしましょう。

 

 

規則正しい生活を心がける

 

髪の毛は夜寝ている間に成長します。よく耳にする“お肌のゴールデンタイム”同様、髪の毛のゴールデンタイムも夜10時〜深夜2時です。この間に睡眠をとっておくと、髪の毛の成長もしっかり促されます。休みの前の日や休みの日なども夜更かし・朝寝坊をすることなく、規則正しい生活習慣を身につけられるとベストですね。

 

髪の毛がサラサラになるシャンプーのポイント3つ

シャンプーは朝ではなく寝る前に

 

朝シャン派の方もいらっしゃるかと思いますが、先程の項目でも触れたように、髪の毛は寝ている間に成長します。1日の汚れが頭皮に残ったままだと、その成長が妨げられることがあります。それに、朝だとバタバタしてしまってシャンプーも雑になりがちかと思います。髪の毛の成長を考えれば、夜時間のある時に丁寧にシャンプーをするのがおすすめです。

 

 

重点を置くべきなのはシャンプーではなくすすぎ

 

頭皮の汚れは、シャンプー前のすすぎだけで大部分は落とせます。シャンプー剤を使って長時間ゴシゴシするよりも、シャンプー前後のすすぎをしっかりとして、まずは頭皮の汚れを落とし、シャンプー剤やトリートメントも残らないようにすることが大切です。頭皮にシャンプー剤などが残っていると、ベタつきの原因にもなりますので、注意しましょう。

 

 

トリートメントは毛先だけにつける

 

「トリートメントは髪の毛全体につけないと!」と、ロングヘアで頑張っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、トリートメントはダメージを受けやすい毛先に適量をつけるだけで良いのです。特に頭皮にトリートメントがついてしまうと、毛穴を塞いでトラブルにつながったり、ベタつきの原因になります。

まとめ

今日からでも始められることばかりですよね。髪の毛の状態は1日2日で変わるものではありませんから、早めに始めて、じっくり続けていくことがとても大切です。

 

すぐに変化が見られなくても、諦めずに続けていけば、いつしかサラサラな髪の毛になりますよ!